専門クリニックで治療をするメリット

包茎にはいくつかの種類が存在しますが、症状の程度によって仮性・真性・カントンの三つの包茎の種類が存在します。
仮性は勃起時でも包皮が覆っているものの手で引っ張れば剥ける状態です。
真性は手で包皮を引っ張っても剥けない状態で、カントンの場合は手で引っ張ると剥けるが剥けると同時に締め付けられて痛みが生じる状態となります。
このうち真性とカントンの場合は性交自体も困難だったりするので、即座に包茎手術を施して、治療を行うことが必要となります。
また仮性でも包皮が剥けていない状態だと不衛生であったり、早漏で満足に性交を行うことができなかったり、または短小の原因にもなることがあります。
従って包茎手術を施すことでその包茎に対する悩みを解消させることが可能です。
多くの包茎手術の方法は、切開と縫合を基本として切開と縫合の跡が残らない様にする形成手術を行います。
つまりこの形成手術では、切開と縫合の跡を目立たない様に外観を自然な形で整えながら、見栄えを良くした状態で包茎を解消できるメリットがあります。

包茎手術はした方が良いと思います。

私は昔から包茎である事にすごくコンプレックスがありました。
ですが、私は包茎手術をする決断ができないでいました。

それはなぜかというと私は長い間、包茎手術(ほうけいしゅじゅつ)を受ける事自体が屈辱だと思っていたからです。
おそらく、そういう人は私以外にも多いと思います。

それはやはり男性は自分が包茎である事を認めたくないというのがあるからです。ですから、私もそうでしたが多くの人は、いくら包茎である事で悩んでいても包茎手術を受けに病院に行かないです。

ですが、私はある日包茎手術を受ける事にしました。それはどうしてかというと、それまでは自分が包茎である事を、誰かに知られたくないという気持ちから病院に行って包茎手術を受ける事ができなかったのですが、それではいけないと思うようになったからです。 

というのも、男性が包茎を放置しておく事でパートナーの女性が迷惑を受ける事に気づいたからです。
その最も大きな迷惑というと、それは包茎である事によって不潔になりがちだという点です。

それも自分が包茎のせいで自分のものに雑菌がたくさん繁殖するのは仕方のない事だと思いますが、それによって関係ないパートナーの女性にまで余計な雑菌を繁殖させる事はないと思ったのが私が恥ずかしさを我慢して、病院に行って包茎手術を受けた大きな理由です。

それでも最初は包茎で病院に行く事に恥ずかしさはありました。ですが、それも最初だけです。
それよりも自分が包茎でなくなった事で、術後はパートナーにも喜んでもらえたので手術をして良かったです。
今ではシリコンボールにも興味もがあります。

包茎のお悩みならクリスタルメンズクリニック

https://www.mencli.com/