ほうけい手術には医療保険がつかえるか

包茎は実は多くの男性が悩んでいるものです。
また包茎の状態にもよるのですが、包茎手術というのが行われるうえで、
医療保険がつかえるかつかえないかということはとても大きなポイントとなります。
仮性包茎だったりしますと、医療保険は適用とならないケースが多いです。
しかし、真性包茎、カントン包茎ですと、日常生活に支障をきたす場合もありますので、
保険の適用が認められているので、自己負担も1~3万円程度となり比較的お手軽に受けることができます。
包茎手術の方法は、クリニックによっても若干異なりますが、
やはりレーザーを使った包茎手術のほうが痛みも少なく、また傷口も目立たないようにできます。
さらに抜糸の必要がないように施術することもできますので、術後も良好です。
料金、手術方法、医師の腕、クリニックの雰囲気など、さまざまなことが異なりますので、
カウンセリングに行き相談をしてみたり、また見積もりを出してもらうことは重要です。
今回おすすめするのは大阪・神戸・岡山で開院している皐月形成クリニックです。
http://www.satsuki-clinic.jp/
予約制になっているので、他の患者さんと合うことはないようです。
正直ほうけいの治療で他の人に知られるのは嫌ですよね。