包茎手術はした方が良いと思います。

私は昔から包茎である事にすごくコンプレックスがありました。
ですが、私は包茎手術をする決断ができないでいました。

それはなぜかというと私は長い間包茎手術を受ける事自体が屈辱だと思っていたからです。
おそらく、そういう人は私以外にも多いと思います。

それはやはり男性は自分が包茎である事を認めたくないというのがあるからです。ですから、私もそうでしたが多くの人は、いくら包茎である事で悩んでいても包茎手術を受けに病院に行かないです。

ですが、私はある日包茎手術を受ける事にしましt。それはどうしてかというと、それまでは自分が包茎である事を、誰かに知られたくないという気持ちから病院に行って包茎手術を受ける事ができなかったのですが、それではいけないと思うようになったからです。 

というのも、男性が包茎を放置しておく事でパートナーの女性が迷惑を受ける事に気づいたからです。
その最も大きな迷惑というと、それは包茎である事によって不潔になりがちだという点です。

それも自分が包茎のせいで自分のものに雑菌がたくさん繁殖するのは仕方のない事だと思いますが、それによって関係ないパートナーの女性にまで余計な雑菌を繁殖させる事はないと思ったのが私が恥ずかしさを我慢して、病院に行って包茎手術を受けた大きな理由です。

それでも最初は包茎で病院に行く事に恥ずかしさはありました。ですが、それも最初だけです。
それよりも自分が包茎でなくなった事でパートナーに喜んでもらえたので手術をして良かったです。

包茎のお悩みならクリスタルメンズクリニック

https://www.mencli.com/