カテゴリー別アーカイブ: 美容皮膚科

美容皮膚科で肝斑を消すには?

美容皮膚科で肝斑を消したい場合、スタックトーニングという治療法を使うのが一番有効だとされています。
スタックトーニングはレーザートーニングとも呼ばれる治療法で、QスイッチYAGレーザーをトップハット型という形式で肌に照射するのが特徴です。
トップハット型の照射は肌に対して均一に、弱いパワーでレーザーを照射するやり方になっており、肝斑を悪化させることなく徐々にメラニンを減らして症状を改善させていけるのが便利な点となります。
美容皮膚科ではスタックトーニングの他に、美白や肌荒れを防止する効果が期待出来るトラネキサム酸を肌にイオン導入したり、トラネキサム酸やビタミンCといった美白効果が期待出来る成分を内服薬で処方するなどの方法も肝斑を消すために行っています。
イオン導入や内服薬の処方は、それだけでは効果が実感出来るまでに時間がかかってしまうことがあるので、スタックトーニングと併用する方法が多くの美容皮膚科で使われています。
その他に、スタックトーニングを行うのに加えてハイドロキノン軟膏を処方することでメラニンの抑制を行うという方法も、美容皮膚科で肝斑を消すためによく使われている方法です。