医療レーザー脱毛と毛周期サイクルについて

医療レーザー脱毛において、体毛を脱毛する場合は、2~3ヶ月に1回程度のサイクルで、5~12回程度を目標に、施術していくことが理想と言えます。
また、男性における顔の髭(ひげ)などの場合は、1ヶ月に一度など、少し短いサイクルで10回以上の照射をすることが望ましいです。
レーザーを照射するタイミングにおいては、毛周期サイクルを基本に脱毛処理する必要があります。
さらにレーザー照射した部分の肌の回復期間を設ける必要がある為、身体の場合には2~3ヶ月ごと、顔のヒゲの場合は1ヶ月毎くらいを目安にすると良いと言えます。
黒や茶の色に吸収される波長のレーザー光線を皮膚に照射する為、日焼けなどをしてしまった場合には、日焼けがなくなるまでレーザー照射はできません。
費用的な問題など、少ない脱毛回数で、効果を上げたい場合は、脱毛周期を長めにとる事で、より多くの毛根にダメージを与えることができます。
ボディなら4~6ヶ月ごと、顔ヒゲなら2~3ヶ月くらいが目安です。
10回以上のレーザー脱毛をしたとしても、ぽつぽつとした新しいムダ毛が生えてくる事があります。
この現象は新しい毛が作られた訳でも、レーザー脱毛が不完全だった訳でもありません。
休眠状態になっていた毛が活動を開始したものであり、無毛状態を維持する為には、数年に1回くらいのペースで、レーザー脱毛をする必要があります。
休眠していた毛の有無により、何もしないでいた場合、そのままの状態でほとんど生えない場合もあれば、元の半分程度までの密度で生える場合もあります。
そのような理由から、医療レーザー脱毛で効果を実感したい方は、繰り返しの照射を行うことが必要になります。
もし興味のある方はスキンクリニック亜門などの人気ランキングサイトで上位のクリニックを選ぶと良いでしょう。

人工毛植毛と自毛植毛の違いって何!?

自毛植毛(じもうしょくもう)に比べ、人工植毛は気軽に施術を受けられ、短時間で希望する髪が完成します。
入院の必要もなく、植毛が終わった後はいつも通りの生活に戻れます。
1日で完成させることもできますし、数回にわけて自然に増えたように見せることもできます。
一人ひとりの年齢や髪質、ヘアスタイル、カラーに合わせてオーダーメイド感覚でスタイルを決めた後に、植毛の経過を鏡で確認していただきながら作業を進め、スタッフの確かな技術がイメージ通りの美しく自然な毛髪に仕上げます。
後退した生え際に、頭頂部の脱毛部分に、薄くなってきた頭全体に・・・。
気になる部分に欲しい本数が植毛でき、広範囲にわたってボリューム感を出すことができます。
また、人工毛は医学的にも安全なものを使用し、人毛と同じようなキューティクルがつけられ、極めて自然な光沢をもっており、年月が経過しても褪色することはありません。
植毛完了後は、美しい髪を維持できるように、専門の美容室もありますので、かかりつけの専門医にお尋ねされることをおすすめします。

植毛ならNDクリニックへ
http://nd-clinic.jp/aga/own-hair.html