「包茎手術」カテゴリーアーカイブ

専門クリニックで治療をするメリット

包茎にはいくつかの種類が存在しますが、症状の程度によって仮性・真性・カントンの三つの包茎の種類が存在します。
仮性は勃起時でも包皮が覆っているものの、手で引っ張れば剥ける状態です。
真性は手で包皮を引っ張っても剥けない状態で、カントンの場合は手で引っ張ると剥けるが剥けると同時に締め付けられて痛みが生じる状態となります。
このうち真性とカントンの場合は性交自体も困難だったりするので、即座に包茎手術を施して、治療を行う事が必要となります。
また仮性でも包皮が剥けていない状態だと不衛生であったり、早漏で満足に性交を行う事ができなかったり、または短小の原因にもなることがあります。
従って包茎手術を施す事でその包茎に対する悩みを解消させることが可能です。
多くの包茎手術の方法は、切開と縫合を基本として切開と縫合の跡が残らない様にする形成手術を行います。
つまりこの形成手術では、切開と縫合の跡を目立たない様に外観を自然な形で整えながら、見栄えを良くした状態で包茎を解消できるメリットがあります。

包茎手術を受けた友人

高校生くらいになって気心知れた中になる友人が出来ると、悩みなどを相談する様になります。
その様な時期に最も気になるのは女性の事であり、どの様にしたら付き合う事ができるかとか、二人っきりになるとどうしたら良いのか?あたりが興味津々なのです。
その様な状況になると気になるのが包茎の事です。
ある程度皮を被っているのは、日本人では普通の事らしいのですが、どれ位、被っているとまずいかとか、女性が見たらどのように思うか?あたりを気にします。
私の友人に皮がかなり被ってる人がいて、「包茎手術しないとマズいかも?」などと冷やかしていた人がいます。
高校を卒業してしばらくして話す機会があったのですが、真っ先に話したのが「包茎手術をしたので剥き出しの状態になった」と言うのです。
まさか本当に手術をするとは思っていなかったので驚いたのです。
興味があるので後で見せて貰ったら、非常に綺麗になっていてまたしても驚きました。
手術費用は13万円程度だったそうなので、想像していたよりは結構安くで済んだ様に思います。
微妙に皮が被った状態を気にしていながら一生過ごすよりも、給与の一ヶ月分で悩みが無くなったと考えれば非常に安いと思ったのです。
手術した術後の状態を周りに見せている訳ではありませんが、顔や行動が自信に満ちあふれているというか迷いが吹っ切れたような感じがするのです。
以前の彼は、女性にモテないような感じがしていたのに、僅かな皮が無くなっただけで自信はかなりアップしている様なのです。